中学受験をしたきっかけについて

私は中学受験をしました。
きっかけは一枚のチラシです。
両親が新聞と一緒に入っていた塾の体験入学のチラシを見て、
私に興味があるかと聞きました。
私は面白そうだったので体験入学してみることにしました。

その塾は当時は大手で、家からバスと電車で30分くらいの距離にありました。
体験入学では算数の小数点の計算についてやりました。
そこはまだ習っていない分野でしたが、先生の説明を聞いてとても面白くて塾に行きたくなりました。
両親も行きたいなら行きなさいと言ってくれたので、小学校3年生から塾に通い始めました。

最初は中学受験の塾だとは知りませんでした。
ただ地元の中学校が結構荒れていてあまり評判がよくなかったので、できれば違う中学校に行きたいなと何となくは考えていました。
通っている塾が中学受験の塾だと知ってから、ますますやる気になり、できる限り頑張ってみようという気になりました。

小学校が終わってから帰宅し、そこから塾に行くのは大変でしたが、違う環境も刺激的で楽しかったです。