中学最後の学園祭で

初めての学園祭を経験したのは、中学生のときでした。
学園祭というと華々しいというイメージがあったのですが、中学の学園祭というものはいたって真面目で、拍子抜けした記憶があります。
楽しかったことと言えば、最後に行われるステージくらいでしょうか。
これは、あらかじめエントリーしていた人たちが歌なり踊りなりやるのですが、ここで初めて学園祭であることを実感した気がします。
ステージは、凄く楽しくて、たくさん笑いました。
三年のときには、私もクラスの出し物でステージに立ちました。
ちょっと恥ずかしかったけど、爽快感もありました。
最初は断ろうかと思ったのですが、中学最後の行事だしなと思い、参加することにしたのです。
人前で踊るのはあれが最初ではなかったのですが、いつもしないような格好をしていたせいか、数倍恥ずかしかったです。
ですが、いい思い出になりました。
クラスのみんなで一致団結というのは、あんなにも清清しいものなんですね。