中学校を受験した思い出

私は小学六年生の冬に、中学受験を経験したことがあります。
中学校は公立の物であれば受験は必要ありませんが、私立の学校であると受験が必要になってきます。
小学生が受ける受験にも拘らず、中学受験は非常に高度な知識を求められることも多かったですし、とにかく豊富な学習量が求められたので、小学校六年生の頃は結構忙しかった思い出があります。
受験は筆記試験だけではなく面接もありましたが、簡単な受け答えだけで済んでほっとしました。
無事に地元で少し名の知れた私立の中学に進学することが出来て、本当に良かったです。
中学校を受験するということはハードなことではありますが、レベルが高い学校で学ぶことが出来たり、公立とは違って非常に充実した設備の学校へ行くことが出来たり、たくさんのメリットもあります。
受験はしんどいと感じてしまいがちですが、しんどいことを乗り越えた先には快適な学生生活が待っていることも非常に多いですし、自分の社会的地位の向上にも受験は繋がります。