中学生もアルバイトで生活力向上

一般的に中学生と言えば、思春期です。それは難しい年頃ですが、そろそろ子供を卒業するための大切な時期なのです。そんな中学生時代のアルバイトは、自分自身の経験上、生活力の向上のためには大いにプラスになると確信しています。
具体的には、私は幾つかのアルバイトを通して、簡単な炊事、洗濯、掃除などを学びましたし、後片付けや整理整頓も、この頃のバイトから学びました。そしてそのおかげで、近い将来の一人暮らしに向けた基本的生活力を身に付けることもできていったのでした。
最近の子供たちは、私の目から見れば生活力が低いと思います。昔の時代よりも、いつまで経っても親の臑を囓るような子供たちが多いのではないでしょうか。それは結局、何でも親が手伝ってしまうからだと思います。
その点、アルバイトをすれば、バイト中は親も学校も誰も手を出せません。すると必然的に、子供は色々なことを自分ですることを学んでゆきます。そうすれば、自立心が育まれ、生活力の高い子供に育つと思います。中学生の時期こそ、そのチャンスと言えます。