中華料理店のアルバイト

今もはっきりと覚えていますが、初めてアルバイト経験をしたのが中華料理店でした。
高校生の頃で、ある程度自分で使うことのできるお金が欲しいのがアルバイトを始めたきっかけでした。

初日はやはり緊張しました。まず何をすればいいのかも分からない状態なので、自分自身でも足手まといになっている罪悪感を感じました。
一日一日を一生懸命に仕事に取り組み、ある程度仕事をこなせるようになってくるとアルバイトが楽しく感じてきたのを今でも覚えています。

私は一番の新人だったので、皿洗い担当でした。一人では間に合わない状態から、一人で任されるようになり、皿洗いをやりながら他のことも手伝えるようにもなりました。

結局就職する直前までこのアルバイトを続けたのでが、新しいアルバイトは入ってきませんでした。
ですから、かなりの皿洗いのスピードを身に付けることができました。

自分の賄い料理も作るようになり、時間に余裕があるときには焼き飯をお客さんに出させてもらったこともありました。その焼き飯を完食した様子をみて、とても嬉しくなりました。
このお店では、本当によいアルバイト経験ができました。