久しぶりの受験勉強

受験勉強なんて、もう一生縁のないものだろうと苦しい大学受験を乗り越えた時には思っていました。これから先は試験やテストや、それにまつわる徹夜や一夜漬けやそういった苦労は何にもしなくてよいのだと、その幸せを日々噛み締めていました。
そんな感動から一ヶ月もしない内に、就職のための資格試験に挑むことになったのですが。
受験というのは、自分が資格や学問に挑戦する限り、いつまでも挑戦し続けることができるものなのですね。そこに終わりというものはないのだと、大人になって初めて知りました。嬉しいやら残念やらです。
今現在も、私は会社の方針で資格取得を目指して受験勉強中です。なかなか手ごわい資格で、ここ最近は仕事をしているか教本に目を通しているかの毎日です。
受験に合格するかどうかは、今のところは五分五分といった感じなので、もう少し確率を確かなものにするためにも、ラストスパートをかけてかつてのように、必死な勉強というものをしていきたいと考えていますよ。