乳製品の工場でタンク掃除をする

数年前に、牛乳をメインに販売している工場でアルバイトとして働いていたことがあります。仕事内容は工場で使っているメインタンクの清掃作業です。

巨大なタンクの中に材料を入れてソフトドリンクが作られていくのですが、定期的にタンク内を掃除する必要があるのです。社員の人たちは常に作業に追われていて清掃作業まで手が回らないので、アルバイトが頑張ってフォローするのです。

タンクの中に入るとドリンクの香りが充満していて気分が悪くなります。それが分かっているので、早めに洗浄剤を流し込んでブラシで擦ります。何度も休憩していると何時までも終わらないので、気合いを入れて息を止めながらブラッシングして終わるように勤めていました。

そんな気合いを入れた清掃が認められて、長期アルバイトとして永久に仕事ができる状態になったのです。しかし、そう長くは続きませんでした。給与もそれほど高くなかったし、何年も続けようという魅力を感じなかったのです。