予期せずトップコースに入っても…

私の処の長男は、小学校のときは野球をやっていました。ところが小学4年生の冬に
塾に行きたいと自分で言い出し、塾の試験を受けることにしました。
成績が良かったので塾のほうから特進コースを受けないかと言われ、それを受けて無事通りました。
10年くらい前の話です。

さてそこからが大変でした。分厚い問題集を貰い、旅人算やら植木算、鶴亀算は当然出来ているものとして大量の宿題が出ます。因数分解も出てきて親も子も驚きました。
小学生はXやYを使ったら駄目なので親もなかなか教え辛い状況でした。小学5年生からは弁当もちで夕方から電車に乗って出かけました。帰りが遅くなる時は迎えに行きました。

頑張っていましたが、6年の初めにやめ、別の塾に行くことにしました。こちらは広告を出しているような大手塾ではありませんでしたが落ち着いて勉強ができました。

最初から、計画的に中学受験を考えず、入塾してしまった我が家は失敗例だと思います。
しかし、小学生高学年の時期にがんがん勉強した事で、中学、高校での勉強がとても楽だったのは確かだと思います。