予算配分を色々考える事になる学園祭

学園祭では、しばしば予算を色々と考えるケースがあります。というのも学校で使える予算には、限りがありますね。その予算を上手くやりくりする事になると思うのです。
例えば学校で予算を50万円用意してくれているとします。その50万円をどうやって割り振るかは、色々と頭をひねる必要があります。無駄がないように予算を組まないと、50万円では足りなくなってしまう可能性があるからです。
確か私が通ってい学校では、学園祭の実行委員会がありました。そこでは生徒が、学校での予算の配分に関して色々と頭をひねっていたようです。それはなかなか大変な作業だと思うのですが。
思うに学園祭というのは、それを初めて経験する場だと思いますね。毎日の授業などでは、あまりそのような事は考えないからです。
ところで予算を色々と考えるのは、社会人になっても必要になるスキルです。会社の予算を考えるのは、企業にとっては重要な意味合いがあります。学園祭の実行委員会というのは、その練習ができる良い機会なのかなと思います。