二回目の授業はいつもドキドキです

大学の授業にはお試し期間というものがあります。必修授業の場合は無理ですが、選択授業の場合、初回の授業を受けて気に入ったら履修し、気に入らなければキャンセルするということが出来るのです。なので、最初の一週間は各回の授業の中でも最も学生の数が多くなります。それ以降は減少していってしまいます。真面目に受講する学生ばかりではないので、授業の選択が終わり安心して来なくなるという学生もいるからです。ですが、それだけが理由ではありません。キャンセルした学生が多い場合、初回に比べ一挙に数が減ってしまうということもあるからです。
私も何度かそのような経験をすることになりました。情報をたくさん得て、できるだけ単位を取りやすい授業をと思い選択しますが、重要な情報を入手しそびれてしまい、一挙に受講者の数が減ってしまっていたということもあるのです。なので、二回目の授業は結構ドキドキさせられました。教室の学生数が極端に減っている時は、心の中で「やってしまった…。」とつぶやいていました。