二度の就職活動

就職活動をしたのは大学院生のときでした。理系ではなく、文系の大学院だったので就職には苦労しました。また国立大学だったため、私立大学のようにしっかりした就職指導もありませんでした。すべて手探りの状態でした。当時は公務員試験と民間企業の療法に照準を合わせて就職活動をしましたが、公務員試験には合格できず、民間企業からの内定もゼロ。一年間の就職浪人をせざるを得ませんでした。進路が決まっていなかったため、友人たちと比べて、当初は落ち込みました。自宅で就職試験の勉強をしたものの、親からは白い目で見られ、ストレスも感じました。そんなとき気晴らしになったのが、ジョギングと、家庭教師のアルバイトでした。結果的に、公務員試験は二度のチャレンジでも合格することができませんでしたが、二度目の就職活動で、ようやく企業からの内定を得ることができました。面接試験でも満足に自己アピールすることもできなかったのが、場数を踏むことで、話し方のこつをつかむことができ阿野かもしれません。就職活動中は精神的にも追い込まれた気持ちにあることが多かったものの、今思えば、あそのときの試練があったからこそ、精神的にも少したくましくなれたのかもしれません。