交通量調査のアルバイトはかなりの人気

交通量調査のアルバイトは、楽なアルバイトの代表として取り上げられることが多いです。
椅子に座りながら、車の交通量をカウントしていくだけでいいので、凄く簡単で楽なアルバイトだと言えます。
もっとも、常に座りっぱなしで、かなり単調な作業になるので、人によって向き不向きがあると思いますが。
また、基本的に12時間から24時間の長時間勤務となるので、後半になると眠気が襲ってきたりすることもあります。
ただ、勤務時間のうち3分の1近くは休憩時間に割り当てられるので、実際に労働時間は3分の2程度なのです。
さて、交通量調査のアルバイトは、基本的に単発での募集となっており、それなりに日給も高いことから、かなり人気の高いアルバイトとなっているのです。
したがって、求人情報サイトに掲載されて応募をしても、すでに定員に達していることが多く、なかなか仕事ができないことも多いのです。
会社によっては、一度勤務した人に優先的に仕事を任せるところもあるので、とにかくいろんな会社に応募してみることが大事になってきます。