京都大学のサークル雪だるまプロ

京都大学の雪だるまプロは、自主映画を制作しているサークルです。なぜサークル名が雪だるまなのかは不明ですが、8月8日は雪だるまの日ということで部内上映会を行なっています。冬だけでなく、春も夏も秋もメンバーを募集しているそうです。過去の実績を見ると、短いものは5分・長いもので60分程の作品を制作しています。自主映画制作サークルというと将来映画監督を目指している人が多く在籍していそうなイメージですが、実際には演技をしたい人・カメラを使いたい人・照明をしたい人・音楽を作りたい人・脚本を書きたい人など様々な人がいるんですね。どんなに短い作品でも、映画を作るには実に様々な役割の人達が協力し合わないと完成できないのだなあ、と改めて思いました。映画は見る方専門なので、つい忘れてしまいがちですけれどね。毎年恒例のイベントとしては、4月の新歓上映会や8月の夏合宿、そして京大の学祭でのNF上映会があります。映画制作に興味はあるけど自分に合ったサークルかどうかわからない、という学生のために撮影体験会というものがあって一日で撮影から編集まで体験させてもらえるので、まずはそこから参加してみるのもいいかもしれません。