人生を変えた学園祭

こんにちは。私は30代の女性です。大学時代、バンドサークルに所属しており、毎年行われる学園祭は、1年に1度の大イベントでした。
普段のライブは、サークルが利用している大きめの防音スタジオのような、マイホーム的な雰囲気で行っていましたが、学園祭となると、大学の建物1軒を丸ごと借り切って、3ヶ月も前から準備をしなくてはなりませんでした。まずは、プロの音響・照明の業者さんとの契約、確保。そして予算の見積もり、資金集め、スタッフの配置、担当決め。
運営、設営、進行、お客さん対応、などなど、サークルメンバー全員でたくさんの係りにわかれて準備をしていきました。もちろん、肝心な、本番で演奏する曲の練習も、ほぼ毎日行いました。勉強は、ややそっちのけになってしまいました。
たくさんの人間が、一つのものを作り上げた学園祭は、終わった時、単純に「 ああ、疲れたけど楽しかった。 」と言って終わるものではありませんでした。あるものは、音響のプロに、あるものは、ライブハウススタッフに、あるものは、音楽家に、と、学園祭によって人生が変わった仲間がたくさんいます。プロにならずともその経験は今でも役に立っています。学園祭を、単なるお祭りとしてではなく、真剣に取り組んだ結果だと思います。