人生初のアルバイト

新卒で入った会社を4年半で辞めてしまい、仕事がなかなか見つからなかったのでアルバイトをしようと思いました。
昔からコンビニをよく利用し、接客業に興味があったのでコンビニに応募してみました。
学生時代に交通事故に会い、脚に経度の障害を持っていましたが、中学・高校と部活動に入り、体力もそれなりにあるので大丈夫だろうと面接を受けたのですが、障害のことを話すと立ちっぱは辛いよ、足のことを考えると~と言われてしまい全然上手く行きませんでした。
採用してもらっても、健常者の方たちと比べると速度が遅く1~3日くらいで「ごめん、もう明日から~」と言われてしまいました。
一店舗目でそのようなことを言われたので、お札の数え方などの基本的な動作ち近い練習を家の中でやりましたが、働いてみるとダメだしを受けてしまい、アルバイトの辛さを思い知りました。
会社を辞めてアルバイトを始めるときは、アルバイトなら大丈夫、社員より軽い気持ちでできるはずなどと甘いことを考えていましたが、実際に仕事に入ってみると厳しく、長く雇ってもらうことが出来ませんでした。
やはり仕事をする以上簡単なことはないと思うので、軽い気持ちではなくちゃんとした気持ちで仕事に取り組もうと思いました。