人生初のアルバイトについて

高校時代、1年生と2年生の冬休みは決まって郵便局のバイトをしました。
我が家は「勉強しろ」とは言われませんでしたが、高校生の内はお金を稼ぐ事より、学校へ行く事が大事だという母の考えの元、普段はアルバイトが禁止でした。
だから、冬休みだけできるアルバイトを探し、それが郵便局でのアルバイトだったのです。

良い点はいちいちアルバイト用の制服に着替えることもなければ、立ち仕事ではないので、足が痛くなることもありません。
そして、郵便局の人はその時期のアルバイトの扱い方にとても慣れている人達ばかりだったので、優しく色々教えてくれました。
それに、寒い時期に部屋の中にずっといながら仕事ができるというのは良かったです。
主に年賀状の仕分けをするのですが、結構なアルバイトがいるのに、仕分けをしてもどんどん仕事がきます。そのくらい年賀状の量はすごく、驚きました。
お世話になっている郵便局の裏側が見れたのもとても勉強になりました。