人生初めてのアルバイト

私が初めて働いたのは高校生1年生の夏休み、1週間程度の定食屋でのアルバイトでした。
生まれて初めて働くことに私は全くうまく出来ず失敗ばかりしていたのを良く覚えています。
その定食屋はなかなかの人気店でランチタイムになるとたくさんの客が来店します。
私はそこで盛りつけや配膳をしていたのですが料理の種類がわからなかったり、配膳の仕方を間違ったりと失敗続きで最初の数日は良く注意を受けていました。
しばらく働くとようやくコツを掴んできて問題なく働けるようになりましたが、全く楽しくなく早く終わりの日がこないかとそればかり考えていました。
短いアルバイト期間が終了し、最後の日給料を手渡しで受け取りました。
そのときもらったその少ない金額にとても大きな価値を感じたのを忘れることができません。
そのお金は今まで見たどのお金よりも重く感じました。
同時にお金を稼ぐことがどんなに大変なことなのか、身をもって知ることが出来ました。
初めてのアルバイトは失敗ばかりでしたが、とても大切な経験をさせてもらったと思っています。