人生初めてのアルバイトを経験

学生時代、初めて経験したアルバイトは郵便局の年賀状の仕分け作業です。
高校生のとき、私は部活に毎日明け暮れていました。
私は吹奏楽部に入部していたのですが、こちらの部活はほとんど休みがありませんでした。
もちろん、長期休みも毎日部活です。
高校生になったらアルバイトをしたいと思っていたのですが、入った部活が思った以上にハードで高校から自宅まで距離もあったため、私は高校でアルバイトをすることは諦めていました。

そのようなとき、同じ部活の友人が私に良い話を持ちかけてきてくれました。
それは、年末年始のみの郵便局での短気アルバイトです。
年末年始はさすがに部活がないので、私はこの話を聞いたあと直ぐに友人とアルバイトの申し込みをしました。
アルバイトは初めてだったので、口座をつくることから始まり面接もとても緊張しましたが、友人と一緒に仕事ができたので、良い経験になり楽しかったです。
私は大学への進学を目指していたので、高校三年生の時にはこちらのアルバイトができませんでしたが、一年、二年は短気のアルバイトで少し稼がせていただきました。
今は結婚して他の仕事をしているので、郵便局のアルバイトをすることはもうないと思いますが、今でも年末がくると懐かしく思い出します。