今までには居なかった友人ができる大学生活

大学に入学して世界が全く変わりました。

高校まではなんとなく似たような層が集まりがちですが、大学は色々な出身地から色んな個性の人が集まるのでそれまでには周りに居なかったような友人ができました。

家が裕福ではなく自分でアルバイトをしながら生計を立てている友人もいれば、大学の枠だけにとどまらずさまざまな活動に力を入れて過ごす友人、お水の世界に足を踏み入れる友人等も居て、そういう違った自分とは考え方の違う友人たちと話すことはすごく楽しく、勉強になったと思います。

自分自身は平々凡々な人間ですが、話を聞くだけで世界が広がったような気がしました。

どういう意味で大学に行けた事は本当に有意義で、世界にはもっと色んな考え方の人間が居るんだろうなと思うとわくわくしました。

社会に出ると上辺だけの付き合いも増えるので、大学の頃のようなオープンな付き合いができません。

たくさんの人のオープンな思想を知ることができるのはあの頃だけだなと感じました。