他の受験者の動きに惑わされないこと

受験の際は、自分のペースをとにかく崩さないことが大事だと思います。
たとえば、他の人がどのぐらいの点数をとったと聞いて、自分も頑張らないととやる気を出す分には構いません。ですが、悲観的な考え方をする人は、他の人と比べて自分はダメなやつだと落ち込んでしまったり、悪い想像ばかりしてしまったりして、勉強のペースが乱されることがあります。
上記は前段階としての勉強期間の話ですが、まさに本試験中に他の人のことを気にするのはもっと危険です。よくありがちなのは、ペンの音の進みが自分の方が遅いだとかそういう面です。時間内にさえきちんと正答できていれば得点できるのですから、変に他に注意を向けて意識を乱されたりせずに、自分がこれまで積み重ねてきたものを全部一つも吐き出す心づもりで臨むのが良いです。その年にその試験を受けられるのは、まさにその一度きりだけなのですから。世の受験生には何事も、後から振り返った時に悔いが残らないようにしてほしいです。