他人に自己分析を手伝ってもらう

就職活動における自己分析について、どのように進めていくのが良いかをまとめさせていただきます。
自分のことは自分が分かりそうなものですが、意外と見えていないものです。そこで、是非周りの友人や家族と一緒になってやってみることをオススメします。
具体的にすることは、自分が考える自分の長所と短所を3つずつ書きとめます。そして、相手にも自分の長所と短所を同じように書いてもらいます。そしてその結果を見せ合います。
すると、自分も相手も共感している部分と、相手にしか見えていない部分とが分かります。この相手にしか見えていない部分に、自分のよさが隠れていたりするものです。そして、その良さが際立つ過去のエピソードを思い出し、メモしていきます。
このようにして生まれた自己PRや、今まで力を入れてきたことは、面接においても自信を持ってアピールできる材料となります。
ですので、なるべく早い段階で色々な人に意見を貰うのが望ましいと私は思います。