仙台のカフェのキッチンでアルバイト

仙台でカフェのキッチンのアルバイトをしていました。それまで飲食店のキッチンで延べ2年少しやっていたので、そこのカフェでは初めからキッチンの責任者として採用されました。
ほぼ同じ形態のカフェで同じようなメニューの調理の経験があったからか、最初にメニューを教わるときに店長さんが1回作ってくれて「こう作るんだよ。あとお願い。」と、たった1回見せられただけで任されてしまうというアバウトな店の雰囲気に驚きました。
仙台の人達は、東北地方の都市ということもありあまり多くは喋りません。それまで仕事を学んできた経験からすると、そこは聞かないとまずいでしょうと思うようなことも聞きません。それを言わないと伝わらないよということも言いません。カフェで働いてみてそういう地域だということを知りました。
そこのカフェは店長を含め社員もアルバイトもみんなが友達のような雰囲気で働いていて、それまで経験してきたどの職場よりも働きやすく居心地が良かったです。