以前タカノフルーツパーラーで短期のアルバイトをしました

新宿の老舗フルーツパーラーのタカノフルーツパーラーで、短期のケーキ調理補助のアルバイトをしたことがあります。
この頃は将来ケーキ屋になりたかった頃で、その為の研修としてと、老舗のフルーツパーラーのケーキはどうやって作っているのか知りたくてアルバイトを始めました。短期だったので約1ヶ月半だけでした。
フルーツパーラーのケーキはフルーツが主役のケーキで、いわゆるパティスリーのケーキとは少し違っていました。本格的なフランスケーキを出すケーキ屋は、多くの店がパティスリーと名乗っているのですが、パティスリーではケーキを自分の作品として捉えていて、ケーキを作った人は自分の技術やセンスをそのケーキで表現します。
タカノフルーツパーラーではあくまでもフルーツが主役なので、作っているパティシエの技術やセンスは二の次で、自分がやりたいことを多少我慢してフルーツパーラーであるタカノのケーキを作っているようでした。
自分をひたすら表現するのか、素材の良さを引き出すことに専念するのかのどちらが良いかということではなくて、ケーキにもいろいろあることを知ったアルバイトでした。