仲がいい子とおしゃべりしたことが楽しかった

高校時代のバイトでためたお金で、自分の車を持つことができました。大学へはお気に入りの車で通っていました。山の中にあるところで1時間ぐらいかかるかなり遠い場所だったので、9時から授業が始まるときは余裕をもたせて7時ぐらいには家をでてました。クラスの中にはバスで通っている子が何人かいました。「バスは決まった時間にしかでていないから少しでも遅れると授業遅刻しちゃうよ、大変」と言っていました。私は、「車けっこうガソリンいるんだよね、暗くなると運転する時が大変」などと返しました。はやく学校に着くと、車の話やおいしいグルメの話で盛り上がりました。何時間もかけて学校に通うことで、通勤するサラリーマンの大変さがわかりました。雪の日は車では無理なのでバスで行きました。大好きな車で行けないのは残念だったけど、バスに乗って友達と一緒に行くことができました。学校の少しの空き時間を利用して、何気ない話をして仲良くなれた子とは、今もたまに会ってお話をしています。少しの時間を利用して友達とお話しできたことが大学時代を振り返ってよかったなと思います。