企業がアルバイトを雇用する理由と運搬力

企業がアルバイトを雇用するメリットの1つは、運搬力だと思います。
例えばある資材を、どこかに運搬しなければならないとしましょう。それもかなり大量の資材があって、運搬するにはパワーが必要だとします。しかも運搬しなければならない期日も限られているとしましょう。そして会社で勤めている方々の人数は、5人程度だとします。
5人程度ですと、運搬にも限りがあると思います。かなり大量の資材があるとなると、時間もかかってしまうでしょう。
そこで企業によっては上記のような問題点を解決する為に、しばしばアルバイトを雇用する場合があります。大量のアルバイト雇用すれば、一気にそのようなお仕事を昇華できるかもしれませんね。5人で運搬すれば3日ほどかかってしまう作業を、大量のアルバイトの労働力を用いれば半日で完了してしまうかもしれません。
このように企業がアルバイトを雇う理由には、「大人数による運搬力」が関係している事がある訳ですね。