会いたいときに会える

世間一般において大学生は時間を持て余しているという見方をされることが良くあります。
賛否両論はあるでしょうが、大学生のこの時間の自由度は恋愛において有利に働くと私は考えます。

私の大学時代を思い返してみても、時間ができればすぐ恋人の家に行って一緒に過ごしていました。
何か特別なことをするというわけでもなく、だらだらと過ごしたり、くだらない話をしたりと、今考えると贅沢な時間の使い方をしていました。
しかしこのような時間の使い方により、お互いのことをゆっくり、そしてじっくりとしって行くことができ、恋人としてますます好きになるだけでなく、相手を一人の人間として心から尊敬できるようになりました。
社会に出て仕事を始めると、どうしても時間がないので恋愛においてもすぐに結果を求めてしまうがあまり、相手の本質的な部分をよく知らないまま交際を続け、結果としてうまくいかなかったということになってしまうケースが多いように感じます。

大学生には今しかない時間を有効に使って、良い恋愛をしてほしいです。