会社にナイショのアルバイトがバレてしまう理由とは?

正社員で雇用さされている場合、多くの会社は業務に差支えがあるからなどの理由で、アルバイトを禁止しています。

会社によってはアルバイトもOKの会社もありますが、こっそりとアルバイトをしていても、なぜか会社にバレてしまうことがあります。

アルバイトがバレてしまう原因は、住民税を支払っているからです。住民税は引き落としで支払われますが(特別徴収)この際、アルバイトや副業での収入があった場合でも、会社経由で引き落とされてしまうので、たちまち会社へバレてしまうのです。

ではどうすればアルバイトがバレずに続けられるかというと、アルバイト分の住民税は自分の手で納付してしまえば良いのです。

自分の住んでいる市町村の税務課へ連絡を入れ、自分で納付を済ませれば、普通徴収として納付することができます。

インターネットでアルバイトや副業をしている場合も同様で、給与として受け取っている場合には納付が必要ですが、源泉徴収がなされている場合には深刻する必要はありません。

源泉徴収から引かれていない場合には、確定申告をする必要がありますので覚えておきましょう。