体育祭での母親の奮闘

私の通っていた高校の学園祭行事の一つである体育祭は一般参加の競技がけっこうたくさんあり、その競技を考えることも生徒主催となって行います。私はクラス役員をしていたこともあり、高校二年のときの体育祭ではその一般参加の競技のアイデアを考えた立場なのですが、今考えてもなかなかよい体育祭だったなと思います。
その私たちが考えた競技というのが二人三脚だったのですが、二人で組むこともランダムで決めるようにしました。なのでまったく知らない親同士が組むということになり、見ている生徒側はものすごく盛り上がったものです。
例えばクラスメイトの父親が組んだ相手が我が高の教師だったり、別のクラスメイトの母親とまた別の母親同士が組んだりとしたのです。お互い気を使いながらも二人三脚は息をピッタリ合わせなくてはいけません。その絶妙の距離感がすごく笑いを誘うのです。
私の母親も参加してくれたのですが、ちょっぴり気恥ずかしい思いをしながらも普段見れない母親の姿に笑ってしまいました。