体質によって向き不向きがあるアルバイトです。

書店で4年間アルバイトしていました。よく、書店に行くとトイレに行きたくなる、と言う人がいますが、そういう人には厳しいアルバイトです。私の主人がそういう体質です。書店に入ると、すぐにトイレに行きます。紙の匂いで便意を催すらしいです。確かにアルバイトしていてもトイレを借りたがるお客さんが結構いました。私は趣味が読書なので仕事中は飽きることなく本を眺めていました。中身を覗きたい誘惑と戦いながら仕事していました。個人経営のお店だったので、時給も最低賃金並みでしたが、仕事も楽だったので長く続けられました。薄利多売と言われる本の販売ですが、そのお店では店主の好意で二割引きで本が購入できました。本屋でしたが、本自体はそんなに売れていかなくて、店の三分の一くらいで売っていた文房具など本以外の物で売り上げを採っていた状態でした。やはり万引きは多かったように思います。目を光らせていましたが、現場を押さえないと通報もできないので難しかったです。