何事も前向きに考えた受験

受験勉強をしていて大変だと思ったのはやる気を維持すること。私は集中力がなく、勉強を継続させる力がありませんでした。すぐに本を読んだりテレビを見たりして、とても受験勉強どころではありませんでした。
これから受験だという意識も薄かったと記憶しています。だからあまり勉強しなくても入れる学校を選び、楽をして合格してしまいました。この選択が良かったのかどうかは今ではわかりませんが、今でもこうした楽をする性格が変わっていないことは確かです。私は何事に対しても真剣に取り組むことができず、すぐに楽な方へ進んでしまいます。
良い言い方をすれば楽天的で底抜けに明るいということでしょうか。受験をそれほど重くは受け止めず、どうにかなるさの気持ちでいるために、ひどい落ち込みや重圧に耐えられないなんてことはありませんでした。
受験は受験で頑張らなければいけないことですが、私にとって受験はそれほど大きな人生の分岐点にはなっていなかったように思います。