倉庫のバイトで最初は打ち解けられなかった

高校生の時に、倉庫内作業の短期アルバイトをすることになりました。
倉庫だったので同世代より男性とパートのおばちゃんが多く、人見知りだった私はかなり不安になりました。
休憩の多い仕事場だったのですが、正直休憩中に何をすればいいのかわからないので隅っこの方で休んでいましたね。
なかなか打ち解けられず行くのが嫌だった時もあったのですが、短期のバイトだったので頑張って通っていました。
あと残り数日というとき、休憩時間に裏にある自販機の前で一人休憩していました。
そしたら倉庫で仕事をしている社員の50歳くらいのおじちゃんがやってきたんです。
気まずいので下を向いていたら、そのおじちゃんは缶ジュースを1本買ってこちらに向かってきました。
この辺で飲むのかな、私は別のところに行こうかなと思っていたら、そのジュースを差し出して、あげるから飲みなとジュースをおごってくれたんです。
そのあとおじちゃんは自分用にもう一本ジュースを買って、しばし雑談していました。
喋ってみるととても良い人で安心しました。
自分から距離を置いて避けていたことを後悔しましたね。
でも最後に打ち解けられてよかったです。