倉敷の玄米食堂元気屋

倉敷の中央病院の近くにある元気屋は、玄米食堂です。
そして、おかずはお肉、たまごいっさいないけど、タンパク質がとれるメニューです。
最初はちょっと薄味かな?と思うのですが、だんだん美味しいと感じてきます。
無農薬野菜がたっぷりなメニューです。
かならず1品、ほうれんそうや小松菜、葉ものと人参のおひたしがあります。
緑のものに入っている、葉酸は血管年齢を若くしてくれます。
そして、おみそ汁。
メインのおかずはいろいろですが、タンパク質には、あげ、豆腐、おからやふを使っています。
大豆食品が多いですね。
あげは、私はおみそ汁くらいにしか使っていなかったのですが、メインに使うと
とてもおいしいのです。
玄米食堂ということで、観光客の方も多いです。
お昼は11時からで夕方はやっていません。
とにかく1度足を運んで食べてみると、いままでの外食と違うことがわかります。
健康を意識している方は特にいいですよ。
薬を飲むのも病気を治す方法ですが、高血圧や糖尿の方は、食生活でかなり改善します。