働くとこと遊ぶことのバランス

大学の頃は仕事に対して特に特別な感情は持っていませんでしたが、社会人になると学生のアルバイトとは比較にならないほどの責任が発生しますから、その時にアルバイトの時に学んだことが生かされているように感じました。

私が学生の頃働いていた理由はお金のためです。
大学生がアルバイトをする理由の大半はたぶんこんな理由でしょうが、旅行や登山、自転車にお金がかかりましたからひたすら働いて稼いで、その上ですべて使っていました。

ですが、あくまで「遊ぶために働く」というスタンスを崩さなかったので、自己管理は出来ていたと思います。
アルバイトでヘトヘトになっているようではせっかくお金が貯まっても意味がありませんから。

アルバイトのシフトもその辺を考慮して旅行の前日にシフトを入れるようなことはしませんでした。
社会人になって休日は自由に取れるわけではありませんが、仕事で押しつぶされるような働き方だけはしないように心がけています。
働くことは人生の一要素でしかないのですから。