先生があまり表に出てくる事がない学園祭

学校という場では、先生はとても大事な役割を担っています。なぜならそこに通っている学生は、もちろん先生方から色々な概念を学んでいるからです。しかも、かなり重要度が高い事を学んでいるのですが。
また大学などでもそうですね。大学では教授から色々な概念を学んでいるからです。
ところで学園祭となると、ちょっと話は別です。そのイベントが開催されている時だけは、先生方はあまり表に出てこないケースが多いです。
どちらかと言うと、先生はそのイベントの最中は見守っている雰囲気ですね。学園祭で何を行うかは学生に任せて、生徒が楽しんでいる姿を暖かく見守っているようなイメージがあります。
学園祭で何を行うかは、先生はあまり口を挟まないケースも多いですね。そのイベントでは、生徒にほとんどを任せているような雰囲気があります。大学の教授も同様です。
このように「この時だけは先生は表に出ない」のが、学園祭というイベントの大きな特徴の1つだと考えます。