先生もそのことは分かっているので

大学の授業には必修授業と選択授業とがありました。さらに学生には1週間のお試し期間が用意されており、一度授業を受けてみてから受講する授業を選択することができました。必須授業は最初から決められているので変えることは出来ませんが、選択授業であれば変えることは可能です。選択授業を決める上で大切な期間となっていました。
当然、先生もそのような期間が用意されていることは分かっています。先生の試用期間なんて表現してしまうととても失礼な話なのですが、先生は先生でこのシステムを利用していました。ある授業では「試験は難しくするつもりだから、単位を目的とするのなら他の授業を取ることを勧めます。」とはっきり言う先生がいました。私はその授業、どうしても受けたかった授業だったので受けましたが、実際には特別難しいことはありませんでした。単位が取りやすいとなると、どうしても受講者の数が増えてしまいます。増えれば授業は落ち着いて出来なくなってしまいます。それを嫌っての先生の対策だったわけです。