先輩からのアルバイト紹介

振り返ってみると、高校時代は一度もアルバイトをしたことがありませんでした。学校の規則で、アルバイトの許可を得なければならず、家計を助けるためだとかよほどの理由がないと許可されなかったのです。また田舎の高校だったので、周囲に高校生向けのアルバイトができるコンビニエンスストアなどもありませんでした。そのため初めてアルバイトを経験したのも、大学生になってからでした。まだインターネットの普及していなかったので、アルバイト情報誌が主な仕事探しの手段でした。とはいえ、連絡をしたからといってすぐに採用されるようなことはめったにありません。すでに求人が埋まっていたり、面接はしたものの条件に合わない場合もあります。そのためアルバイト探しで重要だったのが、先輩からのつてでした。実際にサークルの先輩から塾講師のアルバイトを紹介してもらったこともありました。その先輩が卒業するので、かわりの人を探していたためでした。