先輩に誘われてインカレの世界に

他大学との交流があるというのがインカレの主な特徴だろうと思います。私自身インカレには所属していませんでしたが、ある先輩の誘いで足を何度か運んだインカレサークルがあります。

そこで面白いと思ったことは、サークルのメンバー達は皆あだ名で呼び合っていたことです。違う大学だから、年が違うからという垣根を無くすためだと代表者が言っていました。

この会の活動はとにかく喋ることでした。そして一方的に喋るのではなく、相手のことを時間内にどれだけ引き出せるかということもしていました。

初めは何をしているか全然分かりませんでしたが、相手がどういったことを考えているのかをうまく引き出すための会話術を学ぶための訓練だということが分かりました。

1年以上ここに在籍している人達は皆、「聞き上手」であり「引き出し上手」でもあったのです。

近年、社会人サークルも割と流行っているので、インカレというのはその学生バージョンなのかもしれません。
自分の大学の枠に収まることなく、外の世界にも積極的に関わることができるのがインカレの面白さかなと思います。