入っていたサークルについて

私が入っていたサークルは、野球サークルでした。野球と言っても、みんなで楽しみながらするというもので、軟式野球サークルと言ったものでした。そして、近隣の大学と試合をする事もあったので、その時はみんな真剣に戦っていました。

私は高校時代まで野球をした事がなかったのですが、このサークルで色々なスキルを学びました。特に私は試合の際は、外野手だったのですが、時間が経つにつれて守備の名手といわれるようになっていました。

はじめは、フライも取れなかったのですが、仲間達にいろいろと技術を教えてもらい、守備だけはうまい選手になっていました。それから、一向にうまくならなかったのが打撃です。こればかりは、やはり経験者の人たちの方が何枚も上手です。

やっぱり、打撃って配球を呼んだり、バットコントロールが大切になってくるので、上達するのにはかなりの時間を要しました。それでも、ある試合で一度だけホームランを打ったことがあったので、それが今でも楽しかった思い出ですね。