入学式の朝

わたしは実家をはなれて大学に通うために一人暮らしをはじめたので、地元とは地域の違う場所へ行って、まず気候の違いに驚きました。実家のある地元ではもう春になりかけていたのに、大学の近くでは、まだ寒いくらいでした。入学式前夜もとてもさむくて、冬用の布団で明日に備えて寝ましたが、入学式当日もものすごく寒かったことを覚えています。
入学式にはスーツを着て行きましたが、コートなどは用意していなかったので、結局すこしふるえながらスーツで入学式にのぞみました。入学式は大きな市の体育館ホールの様な所をかりて、おこなわれたのですが、その人数の多さにびっくりしました。付属高校から来ている人もいるし、私のように全国から集まってきた生徒もいて、大学のスケールの大きさを感じました。
入学式ですから、まわりは知らない人ばかりでしたが運よく同じ高校の子に会ったりして、その子と声を交わすことができたのは、心細くならずに済んだのでよかったです。