入学直後のテストなのだから

入学した直後、あるテストが行われました。中身は英語のテストです。そのテストを私は頑張って解きました。頑張って解いたのは、受かりはしたものの大学受験時のテストの点数が芳しくなかったからです。その時の代わりにとはなりませんが、悔しかったので今度は良い点数を取ってやろうと思ったのです。しかし、そんな無駄な意気込みをしなければ良かったと後で後悔させられます。
受験はもう終わっています。なので、テストの点数が悪いと大学を辞めさせられるとかそういったことはありません。では、何の目的でテストをするのかというと、語学(英語)のクラス分けをするためです。当然、成績が良ければ難しいクラスに入らされます。頑張った私は上位4分の1しか当たらない、外国人講師が担任を務めるクラスに見事に入ってしまいました。何のために行われるのかなんて、少し考えれば分かりそうなものです。担任が外国人だと知った時、それなりに良い点数を取れて喜んでいた自分を殴ってやりたくなりました。