全く同じ回答でも企業によって捉え方は違う

就活というのは、正解や絶対というものがないからこそ、難しく悩ましいものなのです。
要するに、それぞれの企業によって求めている人材も違いますし、企業によってその人の印象も全く違ってくるのです。
例えば、学生に対して「あなたの長所を教えてください」と質問したとします。
それに対して学生が、「地道ながらもコツコツと真面目に頑張れるところです」と答えたとします。
この回答に対して、「リーダーシップや積極性のある人材を求めているから、このようなタイプの学生は採用しづらい」と判断する企業もあるのです。
逆に、「うちの会社にとっては、真面目な学生は喉から手が出るほど欲しい」と判断する企業もあるわけです。
つまり、同じ質問に対して全く同じ回答をした場合でも、企業によって印象が180度違ったりするわけなのです。
このことから、「この質問に対してはこのように回答するのが正しい」などとは決していないわけです。
だからこそ、就活ではどんな質問をされても、自信を持って堂々と答えればいいのです。