公務員試験の受験勉強に必要な時間

公務員試験を受験する場合、どの程度の勉強時間が必要なのでしょうか。
公務員試験と言っても、例えば国家公務員試験の旧国家1種や2種、あるいは国税専門官や裁判所事務官などの試験は、それなりに難易度も高いですから、それ相応の勉強時間が必要になります。
一方で市役所の試験などは、そこまで難易度が高くないですし、また面接や論文が重視される傾向にあるので、勉強時間に関してはそこまで必要ないと言えるでしょう。


そのため、試験の種類によって、1年以上の勉強が必要な場合もあれば、数ヶ月程度の勉強で済む場合もあります。
もちろん、事前にどれぐらい予備知識があるのか、1日にどれぐらい試験勉強の時間に費やせるかにもよりますが。
いずれにしても、まずは自分が受験する公務員試験の難易度を知り、どれぐらいの学習量が必要なのかを把握するようにしましょう。
その上で、おおまかな受験計画を立てて、合格を目指して勉強していくことが大事なのです。