公文の採点バイト

公文式の教室でアルバイトをしていました。公文は小学生や中学生が毎日放課後に来て30分ほど課題をやっていく塾のようなものです。算数、国語、英語の3教科でそれぞれ教材のドリルがレベル別に用意されてあり、子供たちはひたすらそのドリルに取り組み、徐々にレベルをあげていくという感じです。アルバイトは、子供たちのやったドリルをひたすら採点する学生バイトと、少し子供たちに指導をする先生アルバイトが何名かいました。先生アルバイトは主婦の方がやっているようでした。学制アルバイトの時給が900円だったので、先生の方はもう少しもらっていたのではないかと思います。子供たちはやることが決まっているので、普段はやんちゃそうな男の子でも割と真剣に課題に取り組んでおり、先生の手を焼かすようなことはあまりありませんでしたので、塾講師とは違い楽なバイトでした。ひたすら採点をしていくので目が疲れたり肩がこったりということはありますが、こつこつやるのが好きな人には向いていると思います。