公立の高校と大学を受験しようと思ったワケ

受験をしようと思ったのは、親にきつく言われたからではありません。
うちの家はそれほど余裕のある家ではなく、大変そうな親の姿を見てきたのであまりお金のことで苦労させたくなかったのです。
私立のキレイな校舎や自由なカリキュラムには憧れもありましたが、私立はお金がかかりすぎるため断念しました。
親からは行きたいところに行けばいいと言われていましたが、やはり学費の高い私立に行くのは申し訳なくて公立高校を受験したんです。
公立高校の受験はそこまで大変ではありませんでした。一番苦労したのは大学受験の時です。
大学も学費で負担を掛けたくなかったので公立に行くことにしたのですが、高校と違い競争率が高いですから一筋縄ではいきません。
塾に行くにもお金がかかるので自分で教材を買って毎日勉強していました。
そのおかげで公立大に入学でき、親にあまり金銭的負担を掛けずに大学まで来ることができました。
残るは就職ですね。ここまで頑張ってこれたのですから、就活だってきっとうまく行きます。