共立女子大学について

1886年創立の私学。永井久一夫(永井荷風の父)、宮川保全ら34名の人物により共同で設立されたことから「共立」と命名された。設立時は共立女子職業学校。その後、共立女子専門学校を経て、1949年共立女子大学を設立。大学設立当時は家政学部のみであったが、文芸学部、国際学部を相次ぎ開設、2013年には看護学部を設けている。その他、短期大学、大学院、高等学校、中学校、幼稚園を併設し、共立女子学園を形成している。「誠実 勤勉 友愛」を校訓とし、歴代学園長には鳩山春子、鳩山薫らが就任。現在の学園長は石橋義夫。卒業生には、桂由美(ブライダルファッションのデザイナー)、田渕久美子(脚本家)、若原瞳(女優)久保田早紀(歌手)など。本部所在地は東京都千田区一ツ橋2-2-1。TEL 03(3237)2838 周囲には皇居、北の丸公園、靖国神社、国立公文書館、国立近代美術館があり、また神田の古書店街もすぐ近くに位置する。平成28年には創立130周年を迎える。