典型的な学生生活の思い出

高校時代までは、どちらかというとクラスの輪の中に溶け込むことはなく、少人数の気の集まった友人たちとずっと一緒にいるというタイプでした。小中高とほとんど同じ地域の人間ばかりだったので、よけいそうなっていた面もあります。
しかし大学に進学するさいには、顔見知りが一人もいなくなる環境だったので、せっかくだからと少し人づきあいの面でもう少しオープンに心がけてみるようにしました。すると、それまであまり経験がなかったのですが、少し心構えを変えただけで意外とそうしたコミュニケーションも簡単に取ることができ、学部の仲間たちと学内外のイベントで、旅行に行ったり飲み会に参加したりと、ある意味とても大学生らしい生活を送ることができました。
しかし、それも結局1年程度で、やがてサークルなどで知り合ったより深い少人数の友人たちとの付き合いへと移行してしていくようになりました。
もちろん、そちらの方が自分に合っていたのでそれでよかったのですが、今でもなんとなく大学時代というと、その一時期の典型的な学生生活のイメージを思い浮かべてしまいます。