兼部する上でのポイント

大学のサークルが色々とある中で、どのサークルに入るかの基準は人それぞれです、中には兼部をする人もいるでしょう。サークルを兼部すると余計に費用が掛かったりするデメリットが考えられますが、それは兼部する人次第ではむしろプラスになるメリットがあるのです。そのポイントとは、つまり「印象の良さ」です。普通にサークルに入るだけでも、単位が取りやすいオススメの授業や、バイト紹介をして貰える(さらに一回生は先輩に食事代を奢って貰える)メリットがありますが、やはり印象の良い人には、多くの人が集まるものです。兼部することはそれだけ多くの人々や異なるコミュニティーに接することなので、印象が良ければ良い程、様々な役に立つ情報や恩恵を受けられます!(もちろんその逆もあり得るのですが)また、サークル毎に雰囲気や手に入れられる情報は違うもの。兼部して良い印象を持たれることは即ちそれだけ、色々な人から親しまれやすいというスキルを持つことに繋がり、そういったことの努力は、ひいては世の中で自分を売り込むことに繋がるのです。