内定式って、そもそも何のためにやるの?

就活というと、内定を手にした人はだいたい10月1日くらいに内定式が全国の企業で行われると思います。どうして内定式はどこも挙って10月1日なんでしょうか?それには企業の都合を考慮した大きな理由があります。これは基本的には内定辞退をさせないため。という大きな理由があります。内定式自体は別に特別必要な式ではありませんから、やらないところもあります。でも、あえてやるような企業というのは、本気で内定辞退を防ぐために躍起になっているということです。内定辞退が増えると、それだけ計算が狂って企業としても困りますから、できるだけそれは食い止めたい。その1つの方法として定着したのが内定式や内定者研修なのです。それらを利用して、一定の間隔で企業に内定者を呼び出して、話をしたりして、入社意欲を高めてもらう。それが理由です。10月1日頃に行われる理由は、それ以降に内定辞退をされると困るギリギリのラインがこのあたりということなのです。