再受験してやっと合格しました

私は子供の頃から漢字だけは自信があり、漢字のテストはいつも100点を取っていました。
ですから自分としては漢字に対して苦手意識など全く持っていなかったのです。
そんな私は自分の漢字の実力を試そうと思い、漢字検定を受験しようと思いました。
受ける級をどうしようかと考えたのですが、漢字には自信があったので、いきなり一級を受ける事にしました。
ですが漢字が得意だと思っていた私に、一級の壁は高く立ちはだかったのです。
テキストを何冊も買って勉強をしっかりしたつもりだったのですが、初めての受験は不合格に終わってしまいました。
私は自分の漢字に対しての認識の甘さを悔い改め、一から漢字の勉強をし直しました。
漢字検定の一級の試験は普段使わない漢字がたくさん出てきますから、覚えるのがとても大変でした。
ですが元々漢字が好きでしたので、苦になることはありませんでした。
一度目の受験の失敗を教訓にして、私は必死で勉強をしました。
その結果、漢字検定の一級に何とか合格できたのです。
合格通知を見た時は、感動で涙が出てしまいました。