写真を現像するショップのスタッフ

大きなショッピングセンターの一階には、クリーニング店の受取所と写真を現像するお店が必ず設置されています。その写真現像を専門にするお店でアルバイトをしていたことがあります。

スペース的にはあまり大きくないので、置いているのは使い捨てカメラや、プリンタで印刷する用紙、そしてスマホヤデジカメを接続して写真を転送する機械です。

ネットに写真をアップロードして現像の予約を入れることもできるので、ショップの店頭では受け取りのお客さんの方が圧倒的に多くなります。最近ではスピードプリントの勝負になっているので、サービスがどれだけ早くできるかがポイントになってきます。

機械の性能は日に日に高性能になってくるので、後は対応するスタッフの教育によりスピードは更に高まるのです。私も何度も接客について指導を受けて、早く作業をする方法を習っていました。

非常に綺麗に写真がプリントできる装置を私も欲しいと思ったのですが、個人で買えるような金額でないと分かって諦めたのです。